雲竜奔馬
みなもと太郎
大江戸食べコロジー
ラズウェル細木

嘉永6年6月3日、300年に及ぶ鎖国の扉を打ち破るべく、4隻のアメリカ艦艇が波涛を蹴立てて迫ってきた。黒船来航である。この報を受けた坂本竜馬は一路、品川土佐藩邸に向かうが!? 「コミックトム」で連載されていた『風雲児たち』の連載終了後、新雑誌「コミックトムプラス』において坂本龍馬を主人公… お江戸の片隅、一般庶民が暮らす長屋に学問で身を立てようと志して引っ越してきた大身旗本の次男坊。何不自由のない暮らしから一変、見るもの聞くこと全てが知らないことだらけの生活に四苦八苦しつつも、身の周りのあらゆるものを上手に活用して無駄を一切出さない究極の‘エコロジー生活’に目覚めてい…

『飯盛り侍』やまだ浩一・他

飯盛り侍

いますぐ飯盛り侍を公式サイトでチェック!

時は戦国時代。九州の戦国大名・龍造寺の足軽・弥八は、兜の代わりに鉄鍋をかぶった飯盛り侍。戦場のコックだから、もちろん食材は現地調達!!「飯が人間を作る」を信条に、人を活かす料理を生み出していく、戦国グルメ立志伝!!

いますぐ飯盛り侍を公式サイトでチェック!

首斬り朝
小島剛夕・他
虎視眈々
神江里見・他

幕臣ではなく浪人の身分のまま、御腰物奉行や町奉行の依頼を請け、刀の斬れ味や鑑定を行なう御様(ため)し御用の三代・山田朝右衛門。朝右衛門には、家督を継ぐ時に、父の命で、蔭腹を切った父の眉間をたて割りにし、初めての首打ち様(ため)しに、愛した女の首を斬り落としたという凄まじい人生があ… 永禄11年(1568年)、織田信長が将軍・足利義昭を奉じて上洛した。ときに、近江犬上・在士村の藤堂与吉は13歳であった。彼はこの歳で賊二人をなで斬りにし、小谷の浅井長政の居城に呼ばれたのであったが・・・。
安心・安全に電子書籍『青年コミック』を楽しむために
当サイトで紹介している青年コミックは全てCMでも有名な『DMM』で販売しているものです。
それだけ、信用度も高く、安心して青年コミックをゲットしたいあなたにおすすめできるのが『DMMの電子書籍』といえます。立ち読み機能で中身がチェックできます!

>>DMMの会員登録がまだの方はこちらから<<